プロフィール

坂井京子

Author:坂井京子
自宅にてのんびりとサロンスタイルの
料理教室を主宰。
日々の愉しみ、お教室のご案内等を
綴っています。

小学生男児の母。
おしゃれ好き夫と3人暮らし。
0型しし座。

最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2012/02/22/Wed 12:50:15
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:レシピ

りんご(沙果:サグヮ)茶



できあがりリンゴ茶
  リンゴ茶
    右が作りたてで、まだてんさい糖が溶けていない状態です。

今日も飛んでますね~(泣)

昨秋から花粉症の仲間入りをした初心者の私。

やることいっぱいなんだけど、鼻水出るわ、目は痒いわで・・・・・
集中力に欠け、効率悪くてホント困ってます。

そんな時はお茶でも飲んでちょっとリフレッシュ。

先日、友人から「りんごのお茶」の作り方を教えて頂きました。

お隣、韓国ではありとあらゆるものをお茶にする文化があると
ゆず茶をご紹介した時に書きましたね。

さて、その「りんご茶:サグヮチャ=沙果茶」は
薄切りにしたりんごを天日干ししてお砂糖に漬けるのです。

干す事によって、お味もぎゅっと濃縮され、栄養価もアップするので、
ちょっと一手間ではありますが、是非お試しあれ。

白いお砂糖は体を冷やすので、出来ればミネラル豊富な
きびてんさい糖等の ブラウンシュガーがおススメです。
(三温糖は白いお砂糖と同じく、体を冷やすので、NG ですぞ!!)

ビタミンCが豊富なりんごは「医者いらず」といわれている万能果物。
この季節、風邪予防にもなり、からだによいことは言うまでもありませんが、
甘酸っぱくて何ともほっとするお味なのです。


先日コリアンのお稽古でも好評でしたので、
レシピ記しておきます。






リンゴ茶のつくりかた

材料:

りんご      小2個(あれば酸味の強い紅玉)
てんさい糖    りんごの総量と同量~1.5倍(流山の生徒さんへ2倍だとちょっと甘すぎました!)
レモン汁     1個分

作り方:

1)りんごは芯を取って、縦に8等分に切り、3ミリ厚のいちょう切りに。
2)塩水でりんごをさっと洗う。
3)水けを切って、ざるに並べ、2~3時間(冬場)天日干しする。
4)表面が少し乾いたら、きれいな密閉容器にリンゴを移し、
  レモン汁を回しかけ、砂糖をまぶす。
5)蓋をして冷蔵庫で最低2日、1週間位で砂糖が溶けたら出来上がり。
6)お好みの量をお湯で割って召し上がれ。



COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://kyokosakai.blog6.fc2.com/tb.php/151-bc36e01b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。